阪急電鉄 ENTRY

朝のラッシュ。行き交う人と電車に、自然と背筋が伸びる。 朝のラッシュ。行き交う人と電車に、自然と背筋が伸びる。

仕事に誇りを感じる瞬間は、何と言っても「朝のラッシュ時間帯」です。
多くのお客様であふれるホームや車内を見ると、自然と集中力が高まります。特に淀川橋梁付近で神戸・宝塚・京都各線の満員電車が並んで走行している様子は、本当に壮観です。「自分たちがお客様の生活や仕事、それに安全・安心を支えているんだ」とリアルに感じることができます。
それと同時に関西経済圏における大動脈を担っていることにも気付きます。そんな時、とても誇らしい仕事であると感じられますね。その分、周囲の先輩からも刺激をもらうことも多く、たとえば発車の際は、電車の扉を閉め、安全確認をした後、運転士へ「出発してよし」というベルの合図を送るのですが、その一連の動作一つとっても先輩の車掌は良い視点を与えてくれます。
「扉を閉めてからベル合図を送るまでスムーズに行う必要があるのは、単に運転士に気を遣うからではない。運転士に余裕を持って運転してもらい、安全・安心な運行と快適な乗り心地にも貢献するという役割が車掌にもあるからだ」と教えてもらいました。
こんな風に日々の業務の中に新しい気付きはたくさんあります。今後も、お客様の立場に立った応対を日々心掛けていきたいと思います。

仕事に誇りを感じる瞬間は、何と言っても「朝のラッシュ時間帯」です。多くのお客様であふれるホームや車内を見ると、自然と集中力が高まります。特に淀川橋梁付近で神戸・宝塚・京都各線の満員電車が並んで走行している様子は、本当に壮観です。「自分たちがお客様の生活や仕事、それに安全・安心を支えているんだ」とリアルに感じることができます。
それと同時に関西経済圏における大動脈を担っていることにも気付きます。そんな時、とても誇らしい仕事であると感じられますね。その分、周囲の先輩からも刺激をもらうことも多く、たとえば発車の際は、電車の扉を閉め、安全確認を

した後、運転士へ「出発してよし」というベルの合図を送るのですが、その一連の動作一つとっても先輩の車掌は良い視点を与えてくれます。「扉を閉めてからベル合図を送るまでスムーズに行う必要があるのは、単に運転士に気を遣うからではない。運転士に余裕を持って運転してもらい、安全・安心な運行と快適な乗り心地にも貢献するという役割が車掌にもあるからだ」と教えてもらいました。
こんな風に日々の業務の中に新しい気付きはたくさんあります。今後も、お客様の立場に立った応対を日々心掛けていきたいと思います。

01 仕事の役割 01 仕事の役割

車内アナウンスやホームでの扉の開閉操作はもちろん、空調の管理、車内トラブル発生時の対応など、多岐にわたる業務を担い、お客様の安全と快適を支えていく車掌という仕事は、乗務時間だけが大切なのではありません。
始業前に現在の運行状況や諸連絡事項を見て、対処すべき問題がないかをしっかりと確認。
出発前の限られた時間も活用し、乗り組みの運転士と乗務する電車の確認を行います。

02 大切にしている心構え 02 大切にしている心構え

車掌の仕事は、車掌のみで行うものではありません。
運行前の車両の点検から運行中のコミュニケーションに至るまで、1日をともに過ごす運転士と密にタッグを組み、安全運行へと繋げていく。チームワークを重んじることが大事な仕事です。

03 就活アドバイス 03 就活アドバイス

しっかりと悔いの残らないよう日々の就職活動に取り組んで欲しいと思います。私自身は、電車の仕事に関わることが小さい頃からの憧れでしたので、その熱意をきちんと伝えることを大事にしてきました。

他の職種を見る 他の職種を見る