1. トップ
  2. 職種紹介 車掌
Job introduction

Job introduction職種紹介

都市交通事業本部 運輸部 馬場 翔大 都市交通事業本部 運輸部 馬場 翔大

Shota Baba馬場 翔大

都市交通事業本部 運輸部
京都線運輸課 運転係 車掌
2015年入社

より快適に過ごしていただくために
必要なのは、一歩踏み込んだお客様応対。

車掌の仕事は、車内アナウンスに始まり、扉の開閉・空調管理、さらにホームの安全確認、運転士への発車合図など、安全な運行から快適な車内環境の維持まで多岐にわたっています。
西日本のビジネスの中心地であり、また観光都市でもある、京都・大阪・神戸をつなぐ阪急電車には、日々多くの年代・様々な国籍のお客様が乗車されます。年代も背景も全く異なる方々が一緒に過ごす車内空間を快適なものにするために、陰から支えるのが私の使命です。
車掌として私が特に心がけているのは「一歩踏み込んだお客様応対」。毎日「お客様のニーズを汲み取った応対をするにはどうしたらいいか」を考えて仕事に打ち込んでいます。さらに乗務業務以外の時間に業務改善を目的とした勉強会に参加するなど、より良いサービスを提供していくために努力は欠かさないようにしています。これからも快適にご利用いただけるよう、新たな価値ある業務・サービスのあり方を模索していきたいです。

PASS THE BATON通勤ラッシュ〜昼

「同じ仕事」はない。
常にお客様を見て応対を変える

通勤ラッシュが終わると、お客様の年齢層が少し高くなります。それに合わせて、扉操作やアナウンスのタイミングを調整しています。状況に応じた柔軟な対応も重要な仕事です。

My job 私の職務

車内アナウンスや扉の開閉、空調管理に加え、車内でお困りのお客様がいらっしゃったり、トラブルが発生したりすれば、いち早く駆けつけ解決を図ります。時間帯やお客様の様子などによって、アナウンスの仕方や扉操作のタイミングを変えるなど細かな観察眼と判断力も必要です。

Attractive work 仕事の魅力

車内は多くのお客様にお会いできるところです。国籍も年代も多彩な方々を陰ながら支えられるのは大きな喜びです。また、常に気を張って仕事に打ち込んでいるので、トラブルなく1日の運行を無事に終えることができた時は、ほっと安心します。

Message to students 学生へのメッセージ

鉄道従事員は常にお客様へより良いサービスを提供し、そして日本の鉄道の将来を守っていくために、自分に何ができるのかを考えています。その想いを共有し、未来を見据えて一緒に努力していただける方をお待ちしています。

Daily schedule 乗務 日勤勤務のスケジュール

  1. 1出勤

    出勤後、上司に健康状態の報告など、出勤の申告を行い業務開始。シフトによっては午後から夜をまたいで翌朝までの勤務になることもあります。

  2. 2始業前
    の確認

    現在の運行状況や諸連絡事項を見て、対処すべき問題がないかを確認します。

  3. 3出発前
    の確認

    運転時計の整正と、乗り組みの運転士と乗務する電車の確認を行います。限られた時間内で十分な確認・連携を取っていきます。

  4. 4乗務
    業務

    1回あたりの乗務時間は1時間~2時間ほど、休憩を挟みつつ約3回の乗務業務を行います。

  5. 5終業

    今後に活かすために、1日の業務内容をしっかりと振り返ります。その後、上司に退勤の申告を行い、次の出勤時刻を確認し終業。十分な睡眠をとって翌日の仕事に備えます。