1. トップ
  2. 職種紹介 統括駅長
Job introduction

Job introduction職種紹介

都市交通事業本部 運輸部 橋本 和寿 都市交通事業本部 運輸部 橋本 和寿

Kazutoshi Hashimoto橋本 和寿

都市交通事業本部 運輸部
神戸線運輸課 西宮北口駅管区 統括駅長
1980年入社

安全・快適、そして魅力的な管区を創り上げていくために。

西宮北口駅管区は16駅と車庫を管轄し、100名以上の社員が所属する管区です。統括駅長としての私の使命は、管区があるべき姿を定め、駅長をはじめとした監督者を通じて管区のメンバー全員にあるべき姿を共通理解させることにあります。
現在の管区方針として、営業スタッフには積極的な姿勢で、お客様のご要望を引き出し、率先して問題解決を図る「一歩進んだサービスの提供」を、監督者には部下の心身の状態、執務状況の正確な把握に加えて、「管区のあるべき姿に向けて主体的に考え、行動する姿勢の確立」を示しています。
また、管区内にとどまらず、他の企業や鉄道会社との連携による沿線の活性化施策の立案なども重要な仕事。当管区の沿線には阪神競馬場があるため、JRA様と連携して沿線を盛り上げるべく「ピクニックガーデンフェスタ」というイベントを共同開催しており、当イベントは神戸線の全駅管区が参加する一大イベントになっています。
さらに他の鉄道会社とも日頃から情報連携を図ることで協力体制を築き、お客様に選んでいただける沿線づくりに取り組んでいます。
管区の未来を見据える役職として、今後も現場の社員や監督者、地域の企業や住民の方々と連携しながら、安全運行の維持と共により魅力的な駅や沿線を創るための取り組みを推進していきます。

PASS THE BATON夜間〜終業まで

業務終了まで一瞬たりとも
気は抜かない

夕方から夜間にかけての帰宅ラッシュが終わったからといって安心はできません。不測の事態はいつ何時起こるかわからないもの。終業まで各駅と連携を取りながら、安全に気を配りつつ状況把握を行います。

My job 私の職務

安全を守るための指導や社員の教育、さらには阪急電鉄のファン獲得のための企画立案などを行うこともあります。今の安全な体制を次世代へとつなげていくためには、未来を担う優秀な人材を育てていくことが不可欠。そのためにも、すべてのスタッフが阪急電鉄を背負って働いていることに誇りを持てるよう、高い品質のサービス・安全を全員で協力して維持し守り続けていくことができる組織を創るのが統括駅長の役割です。

Attractive work 仕事の魅力

お客様に安心して駅をご利用いただけているということが最大の喜び。さらに、自らが育てた管区のスタッフ全員が、誇りをもって阪急を背負いお客様の応対をしている様子を見るのも駅長冥利に尽きます。ただし、どれほど安全に配慮していようと、不測の事態は起きるもの。その時に、スタッフの統率を取り、事態に対処して、無事困難を乗り越えたときは格別のやりがいを感じます。

Message to students 学生へのメッセージ

鉄道従事員の仕事は、決して華々しいものではありません。信頼とは、日々課せられた責任を果たし、真摯に守り続けることで培われていきます。地道な努力を厭わず、「お客様第一」の信念をもって将来に向けた歩みを進めていく方であれば、きっと阪急を背負って立つ存在となれるはずです。